ワキ脱毛 福岡

MENU

絶縁針脱毛とは? 【クリニック編】

レーザー脱毛やフラッシュ脱毛、そしてニードル脱毛と並び、脱毛業界で今大きな注目を集めている「絶縁針脱毛」

 

特に医療機関で導入されることが多くなっている、割と新しめの脱毛技術です。

 

とは言え絶縁針脱毛とはまだ聞き慣れない言葉で、その本質についてもよく知っている人は少ないのではないかと思います。

 

そこで、今回の記事ではその絶縁針脱毛の施術内容や効果、よく似たニードル脱毛との違いなどをご説明いたします!

 

絶縁針脱毛は、電気の熱を用いて毛根を破壊していく脱毛技術のことです。

 

ステンレス製の極細針を毛穴に差し込んで電流を流すことにより、その毛根にダメージを与え毛の再生能力を完全に奪うことが可能です。ニードル脱毛と同じように、絶縁針脱毛では永久脱毛効果を期待することができます。

 

また、ビキニラインや顔周りの産毛などのレーザー脱毛やフラッシュ脱毛では施術のしにくい部位にもスムーズな対応ができます。もちろんそれ以外の部位の施術にも対応しています。ニードル脱毛との違いについてですが、

毛根に針を刺した状態で電流を流す

ことによって脱毛する、永久効果が得られるという点では非常に似通っているニードル脱毛と絶縁針脱毛ですが、両者の間には実は大きな違いが存在しています。

 

ニードル脱毛はその施術の性質上毛穴やお肌を傷めやすく、また施術時の痛みがひどいと言われているのですが、そのような問題点を改善した絶縁針脱毛ではその心配は無用です。

 

その理由は絶縁針脱毛で使われる針と電流にあります。この脱毛で

使用される針の先端には絶縁加工が施されている

ため、電流を流しても肌に対するダメージが少なくなっています。さらに絶縁針脱毛の施術で導入されている電流は特殊電流であり、人体にとって無害で痛みも感じにくいものです。

 

もちろん施術中には無痛処置なども用意されています。ニードル脱毛が誇る脱毛効果の素晴らしさはそのままに、問題点を解決してより親しみやすいように生まれ変わった技術だと言えますね。